読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トウフ系

メガネ男子が大好きです。会社にいる謎の権力者お局様をネタにした単行本「おつぼね!!!」があさ出版さんより出ました

妖怪ウォッチがすごい

いやそんなのみんな知ってるよ…というタイトルではありますが、やっぱりすごいと思いました。
むすこが妖怪ウォッチのおかげでいつも面倒くさがる宿題にやる気を見せ始めたから。
 
 
いま、どこに行っても妖怪ウォッチグッズがあふれています。
スーパーの食品売り場ですらパンやらソーセージやらふりかけやらカレーやらおかしやら、どのコーナーに行っても妖怪ウォッチの食品があります。
どうせなら妖怪ウォッチにんじんとか出してくれたら子供も食べてくれないかな?
ちょっと高くても買いますんで…
切実です。
 
うちの小学3年生のむすこも妖怪ウォッチが大好きで、出先で妖怪ウォッチのグッズを見かけると吸い込まれるように近寄ってはじーっと見つめ、時がとまってしまったかのようにその場から動かなくなってしまいます。
 
先日あまりに物欲しそうに妖怪ウォッチのパンを見るもので「それ、買う?」と聞いてみた。
むすこは「え~…いいよ。こういうの、小さい子向けでしょ」と言ったものの、やっぱり買うと言い出しました。ジバニャンやコマさんではなく、キュウビのパンを選ぶあたり小学生男児のセンスを感じます。
 
↓キュウビ

妖怪ウォッチ 04 キュウビ

 
 
話はむすこのやる気に戻りまして。
むすこの通う小学校では毎日の宿題に音読があります。
その日決められた教科書のページを読んだら、「音読カード」というものに親が押印やサインをして先生に提出する仕組みです。
 
私もむすこもズボラなので、週末は休みに浮かれて音読を忘れ、週明けは月曜日の絶望により音読を忘れ…というカンジで、ちょくちょく忘れてしまいます。むすこは3年生になって宿題のある生活にも慣れてあまり嫌がらずやるようにはなりましたが、それでも億劫だったり、何かで疲れているとグズグズしながら取り組むくらい、宿題はキライです。なんで宿題なんかあるの?宿題のない国に行きたい…ってよく言ってます。
 
我が家はたぶん夫がいちばんしっかりしていて、私やむすこが忘れていた宿題を朝に持ち物点検から発掘し、しっかりやらせてから登校させることもあります…。
 
しかし、この音読カードの押印を妖怪ウォッチのキャラを描くことにしたらむすこは俄然やる気をだしはじめました。
 
押印欄を妖怪ウォッチのキャラで埋めたいと言い、なんとなく言われるまでやらなかった音読を自ら積極的に取り組むようになりました。
 
「ここを妖怪ウォッチのいろいろなキャラでいっぱいにするんだ!」と言って、音読にやりがいを見出したもようです。
 
↓こんなかんじ
f:id:kaishaku01:20140903075431j:plain
(あいている所は宿題のない土日です)
 
この程度でもむすこから「うますぎる!!ママめっちゃうまい!すごい!」と絶賛を受け、尊敬のまなざしで見られます。
 
私のいつもへし折れている絵に対する自信も若干回復。
 
 
こどもが自主的かつ意欲的に宿題に取り組み始める妖怪ウォッチマジすごい。

 

 

こういうスタンプでもいいかもしれないけど、自分でも押せちゃうから、しばらく手描きでやってみようと思います。

妖怪ウォッチ いっぱいスタンプ

妖怪ウォッチ いっぱいスタンプ

 

 

★妖怪のようなお肉のLINEスタンプ『ニクモン』発売中です

http://line.me/S/sticker/1010544

f:id:kaishaku01:20140818111535p:plain

twitterもあるよ

ニクモン (nikumonn) on Twitter