トウフ系

メガネ男子が大好きです。会社にいる謎の権力者お局様をネタにした単行本「おつぼね!!!」があさ出版さんより出ました

おつぼね!!!を日経新聞さんに取材していただきました

日経新聞さんのWeb版にて、拙著「おつぼね!!!」について取材していただいたことが記事になりました。

www.nikkei.com

 

平成の最後に全国紙に取材されるというすてきな思い出ができました!

 

「お局様」の定義を出版社の担当の方と編集長と話し合った時、こう決めました。

 

『職場に長くいながら何の役職にもついていないのに、何故か社長が従うレベルの謎の権力を持っている人』

 

少し話は変わって、先日、私と同年代の大学の教授とお話しする機会がありました。

卒業生が就職後に「同じ同期の新人がいても、女だけがお茶当番や掃除をやらされる」と不満を話すことが少なくないそうです。中には泣きながら「どうして女性だからって…」と訴える子もいるそうで。

私が数年前までいた職場はアカデミックな場所で「女性研究者の活躍」をうたっておきながら、事務部ではまだまだお茶当番やゴミ捨て、掃除は女性の仕事になっていました。

お茶当番は朝、昼、15時に部署全員にお茶を淹れ、帰り際に部署全員の茶碗を集めて洗って、流しを綺麗に掃除し、部署全員のゴミをまとめて捨てるという役割でした。

新人ベテラン関係なく、女性だけの当番表がありました。正直、茶碗を洗うこともゴミ捨ても全部各個人がそれぞれやればいいのにとしか思えません。

まだ元号が昭和だった子供の頃に見た、田舎の親戚の家に集まった時、男性は酒を飲みながらワイワイして、女性は台所で仕出しと片付けやお酌でバタバタという光景を思い出します。

何故女性研究者の活躍をうたっておきながら事務職員はいまだ「女だから」ということで必要のない役割を与えられているんだろう?と職場を観察していると、それを仕切っているのはベテランの女性社員、つまりお局様でした。

男性社員は「もうそういうの古いし、自分の茶碗は自分で洗うからお茶当番をなくそう」と話をするのですが、お局様が「いいえ、こういうのは女性の仕事ですから男性は仕事に集中してください」と言うのです。

ほっこりしますね!

あくまで自分の経験からの憶測ですが、もしかすると昭和から続いているような職場では男尊女卑から昇進できず権限も持たない女性社員が裁量を持てた数少ない居場所が「お茶当番」であって、長く働くための居場所を守るために昔は必要だったのかもしれないと考えました。

そこを若い頃から力強く守ってきた方が「お局様」と呼ばれる存在になっていったのかもしれないと思うと、職場にいる嫌味で口うるさいお局様にはそうなってしまった背景が人それぞれあるし、時にはその力強さから若手の社員を守ってくれたり助けてくれることがあるケースもあることを知ってもらえたらとギャグ漫画仕立てで「おつぼね!!!」を制作しました。

 

これを機会に多くの方にまた読んでもらえたらと思います!

新しい元号になるからこそ、『お茶当番は女性の役割』のような男女による役割分担の風習はこの世から消え去ってほしいなあ。

 

●お仕事情報

kaishaku01.hatenablog.com

 

●お問い合わせ先

kaishaku01.hatenablog.com

 

 ●単行本でました!

おつぼね! ! !

おつぼね! ! !

 

親は子育てで成長すると思った話

f:id:kaishaku01:20190311121103p:plain

 

うちの子は生後3ヶ月は7.5キロ、生後一年半では10.5キロありました。

ちなみに出生時は4キロあり結構大きかったです。今は平均的な中学生の身長。

赤ちゃんが生まれてしばらくは抱っこしているだけで腕がしびれて辛かったのに、一歳をすぎたあたりから大量の買い物と子供を一気に抱えて家まで運べる体力が自然とついていました。

忍者が苗木をジャンプで飛び越える修行を毎日続け、大木になった頃には大木を超えれるジャンプ力が身につくように、生まれたばかりの頃4kgほどあった我が子を毎日抱えながらオムツや食糧等の買い物をしていたことから、生後一年以上経過した頃には子供と大量の買い物と同時に抱えられる筋肉と体力が身についたのでしょう。

 

 

とくに我が家のマンションは駐車場からエントランスに行くのも階段が多くかえってベビーカーが邪魔になるので全てを抱えて一気に部屋まで駆け上がるしかありませんでした。

今はネットスーパーが普及していますが、息子がうまれた13年前はまだmixiが全盛期でネットスーパーなんて東北にはなかったし、生協の宅配も面倒だった。というかあのマークシートみたいなものに書くほど頭が回らなかった気がします。

色々いっぱいいっぱいだった結果筋肉がつくことになりました。

 

 

●お仕事情報

kaishaku01.hatenablog.com

 

●お問い合わせ先

kaishaku01.hatenablog.com

 

 ●単行本でました!

おつぼね! ! !

おつぼね! ! !

 

今日見たメガネ男子

f:id:kaishaku01:20190307163508p:plain

最近コワーキングスペースに週1だけ通っています。

たまに外で仕事をするとゲームとか布団の誘惑がないので集中できますね。

ランチの選択肢が多いし、おしゃれなカフェもすぐ近くにたくさんあったりしてそこで買ったおいしいコーヒーを飲みながら気持ちよくお仕事をすることができます。

街中を歩くことですてきなメガネ男子もたくさん見かけるので、今後も週1くらいで通おうと思っています。

 

先日見かけたメガネ男子は真っ黒な洋服に靴だけが真っ赤というコーデでした。

靴が真っ赤なところにこだわりを持っていそうなところが好きです。好き。

 

最近リソースに余裕ができたのでアイコン制作等またお引き受けしています。

ぜひご相談ください。

 

●お仕事情報

kaishaku01.hatenablog.com

 

●お問い合わせ先

kaishaku01.hatenablog.com

 

 ●単行本でました!

おつぼね! ! !

おつぼね! ! !

 

MHWのベヒーモスをソロ弓で倒した話

f:id:kaishaku01:20190213212115j:plain

f:id:kaishaku01:20190213212258j:plain

FF14の世界エオルゼアから突然モンスターハンターワールド(以下MHW)の世界アステラにやってきたベヒーモス。

マルチプレイ(2〜4人プレイ)推奨のモンスターで、体力が35,500くらいあります。

 

MHWではソロとマルチではモンスターの体力が違っていて、マルチはソロの2.6倍の体力があるそうです。

もしベヒーモスにソロ用があれば体力は14,000ないくらいかな。

私はアクション系のゲームが基本的に超下手くそなのと、MHWはゆっくり世界を楽しみたいという気持ちからあまり攻略を見ずマッタリとプレイしていたので装備も操作もかなり底辺です。

なのでベヒーモスにソロでチャレンジした当初はすぐ死んでばかりで全くクリアできる気がしませんでした。

  

アクションゲームは子供の頃から苦手で、スーパーマリオは1-2までしかクリアできず、ロックマンは1面もクリアできないレベルです。ゼルダとかも無理。アクション要素で失敗しまくって全然ゲーム進まないから泣きたくなってやめちゃう。

RPGでもアクション要素があると途端にゲームが進まなくなります。

時間制限とかも焦って無理。

FF8ではリノアを宇宙空間から助けることができずそこでゲームをやめました。

FFシリーズをずっとプレイしていましたが、ゲームが進まず途中でやめるのは8がはじめてです…。

でも聖剣伝説とかデビルサマナー葛葉ライドウみたいなアクションRPGはクリアできました。結構好きです。

そういう程度のプレイヤースキルです。

 

ベヒーモスをソロで倒してみようと思ったきっかけは、YouTubeで配信されているモンハンの動画を見るようになってからです。

華麗な動きでどんなモンスターも颯爽と狩る弓使いの人を見て、自分が持っている弓と同じなのにあまりにも違う動きとダメージ量に惚れました。

私もこんな風に強くなってみたい…!と思いました。

 

私がゲームで強くなりたいと思ったのは、高校生の頃ゲーセンに格ゲーしに通っていた時以来かもしれません。

そう思うようになったきっかけは、やっぱり自分と同じキャラを使っていて超強くてカッコいい動きをするプレイヤーの存在。

 

自キャラをカッコ良く動かしたい!

 

それが私にとってゲームがうまくないたいと思う根源だと思う。

 

こちらでちょくちょく配信しながら練習していたのですが、ベヒーモスをソロでクリアするまで4ヶ月くらいかかっていました(笑)

www.youtube.com

(今はソロクリア20分切りを目指し、極ベヒーモスソロ討伐を目指して練習しているのでよかったらチャンネル登録してあそびにきてください!)

 

4ヶ月前とは装備も動きも変わってようやくクリアできたのですが、MHWがめっちゃうまい方々にも色々教えてもらったおかげが大きいです。

アクションゲーム下手くそでも4ヶ月もかければ最初は「絶対に無理」と思っていたこともできるようになるんだなーと思いました。

そういえば格ゲーも最初は超必殺技のコマンドが入れられなかったり、めくりとかキャンセルとかそういうのも全くわからなかったしね。

 

こうしてゲームに再び熱中できるようになったのは、子供が中学生になって一緒にゲームを楽しめたり寝かしつけをしなくても勝手に寝てくれたり、部活で帰宅が遅かったりと自分の時間を以前よりも持てるようになったからですね。

 

子供は中学生になって手はかからないけれど目は離せないというか、思春期で好奇心も旺盛でからだも心もぐんぐん成長しているので小さい頃とは違った子育ての悩みもたくさんありますが…

 

MHWは格闘ゲームの大御所カプコンが作成していることもあって、モンスターの動きも格ゲーっぽいところがあるのが私のツボなのかもしれません。

今年の秋には追加コンテンツが発売になるので、末ながく遊べたらいいな。

MHWが廃れて誰もやらなくなったらどうやって人生楽しんだらいいかわからないくらい、今はハマっています。

 

 

●お仕事情報

kaishaku01.hatenablog.com

 

●お問い合わせ先

kaishaku01.hatenablog.com

 

 ●単行本でました!

おつぼね! ! !

おつぼね! ! !

 

Amazon echoで暴かれる心の穢れ

f:id:kaishaku01:20190205165602p:plain

↓instagramもやってます!

隠し切れない心の穢れ

 

その後再現しようとアレクサに何度か「波」について問いかけているんですけど、このような答えがかえってきません。

何にどうなって反応したのでしょうか。

私は本当に聞き間違えたのでしょうか。

 

 

●お仕事情報

kaishaku01.hatenablog.com

 

●お問い合わせ先

kaishaku01.hatenablog.com

 

 ●単行本でました!

おつぼね! ! !

おつぼね! ! !