読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トウフ系

メガネ男子が大好きです。会社にいる謎の権力者お局様をネタにした単行本「おつぼね!!!」があさ出版さんより出ました

ブシロードのバディファイトのネーミングセンスがわかりやすくて好き

家族揃ってバディファイトにはまってます。

 

f:id:kaishaku01:20141214205330j:plain

 

バディファイトのルールでは、モンスターを場に出す時に「(モンスター名)をコール!」と宣言しなくてはいけません。これがちょっと、大人にははずかしい。

 

バディファイトに登場するモンスターや魔法の名前は、小学生がグッと来るものを考えていると思いました。

なんか英語っぽくて格好よい「ぼくのかんがえたモンスター」とか「ぼくのかんがえた超つよいまほう」みたいなカードがとても多く、私の童心をくすぐります。

 

「場のモンスター一体に攻撃力+10000、防御力+10000する」みたいなカードとか、よく解らないけど一万ってすげえ強い!みたいなカードとか解りやすくて好き。

 

カードにはそれぞれワールドが決まっていて、特定のワールドでデッキを組むことになる。

 

私が使っているのは「ダークネスドラゴンワールド」。名前の通り闇のドラゴン達のデッキである。その中でコモンカードながらも「只そこにある死 ダレオン」は攻撃力も高く気に入っているカードです。防御力が著しく低いため、すぐに破壊されて本当に只そこにある死んだモンスターのカードになるところが弱点です。

 

それと、「デスダメージ」という魔法のカードは、何の条件もなく突然相手のモンスターを1体破壊するという効果があって、気に入っています。「デスダメージ」っていう名前もすごく解りやすい。ムドかな?

 

f:id:kaishaku01:20141214004841j:plain

 

 

ワールドのなかでは「デンジャーワールド」というワールドのスターターデッキが、とてもわかりやすいです。

 

バディファイト スタートデッキ 第2弾「フォージング・ブラッド」

 「力とは、パワーだ!!」

その通り。間違ってない。すごいわかりやすい英語の教え方。