読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トウフ系

メガネ男子が大好きです。会社にいる謎の権力者お局様をネタにした単行本「おつぼね!!!」があさ出版さんより出ました

いろはすみかんで酢飯が炊けると聞いてやってみた

ぼやき

いろはすのみかん味で酢飯の味になるというので、やってみた。

『いろはす』のみかん味でご飯を炊いてみた → ちらし寿司の味になった! | ロケットニュース24

 

これで酢飯になるならばラッキーだし、酢飯を手軽に作れるようになる。

理論的にはみかんのすっぱい感じと糖分と、酢飯の材料的なものを満たしているような気がしたからイケると思った。

 

だが間違いだった。

完全にみかんの味だった。

 

不味くはないし、そもそもいろはすみかんは味が薄いのもあって食べられないわけではない。

きっとお刺身とか乗せてしょうゆかけたら酢飯っぽくなるのかもしれない。

 

だが間違いだった。

醤油とみかんの香りが別々にやってくる。

 

大戸屋風のばくだん丼にしてみた。

納豆と漬けマグロ、オクラ、とろろ、卵黄に海苔をのせ、ちょっと醤油をたらす。

 

だが間違いだった。

納豆と一緒にみかん風味の米が口に入ってくるのは、ダメではないが、普通の白米のほうがずっとおいしいと学んだ。

 

 

結論

面倒くさがらずに酢飯は普通につくろう。

もしかしたら塩がちょっと足りなかったのかもしれないけど、芳醇なみかんの香りが米から漂うのは微妙。

 

 

 

余ったみかん飯は私が納豆ごはんにして食べます!!!