読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トウフ系

メガネ男子が大好きです。会社にいる謎の権力者お局様をネタにした単行本「おつぼね!!!」があさ出版さんより出ました

今日見たメガネ男子

f:id:kaishaku01:20170404154619p:plain

 

一週間だけのバイトをしていたところ、ハイキュー!に登場する月島蛍、通称ツッキーのような髪型のメガネ男子がいたんですよ。

ああ一週間だけだし、ツッキーと仕事上のことでも一言も交わすことなくこのバイトを終えてしまうんだろうな…でも神様願わくばせめて休憩室等でぶつかるなどのハプニングを…いやそれは烏滸がましいので廊下ですれ違って「お疲れ様です」と挨拶する程度の交流でかまいませんのでチャンスをいただけないでしょうかと願ったのですが、廊下ですれ違うこともなく、その日出勤しているのかしていないのかも解らないまま普通にバイトが終わってしまいました。

 

 

↓ツッキー

ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校 月島蛍 クッションカバー

 

 

ハイキュー!ではもちろんツッキー推しです。

生まれ変わったらツッキーに使い古しされてボロボロになりさらっと捨てられる膝のサポーターになりたいと思います。

ツッキーは愛用した結果ボロボロになったサポーターを捨てる時、お兄ちゃんに「それ愛用していたのになあ…」って言われるんだけど、「壊れているものを持っていてもしょうがないだろ」と言って迷いなくゴミ箱に捨てるタイプだと思うんです。

愛用された果てに、そんな風に捨てられたいと思うのです。

 

 

●ロードバイクやおいしいもののことはLINE BLOGで

lineblog.me

 

 ●単行本でました!

おつぼね! ! !

おつぼね! ! !

 

子供会やPTAの役員を決めるトーナメント戦、やめよ…?

その日私は祈ることしかできなかった。

YouTubeで見つけた「奇跡を呼ぶ宇宙の周波数」というタイトルの音楽を聞き瞑想し心を落ち着かせて、野菜をいつもより多めに食べ、アニメの弱虫ペダルを見ながらエアロバイクを漕いて運動をした。

そんな胡散臭いタイトルの音楽を聞いたところで奇跡なんて起きやしないことはわかっていた。それでも私にできることは、宇宙の周波数が奇跡を呼び起こすことを期待するくらいなのだ。

 

結論から言うと、奇跡は起きた。

 

私は来年度の子供会役員を担当することになっている。

役員の顔合わせの時にじゃんけんで負けてその地区の長をすることになった。

7〜8人もいる中でじゃんけんに負けてしまうという奇跡が起きた。

 

人付き合いが苦手で和を保つことができない性質から会社勤めが続かず転職を9回も繰り返している私には重荷でしかない。

正直、長というくらいなのだからじゃんけんで勝った強者がやるべきではないかと思う。

私は敗者だ。じゃんけんに負けた。切腹してその場で死にたいほどの完全敗北である。

だが周囲は負け犬の私を地区の長に祭り上げた。

 

物語はこれで終わりではない。

さらなる試練を前任者から伝えられる。

「来月、各地区の長が今度集まります。そこに来なさい。そこからまた代表を選出する。あなたには代表になる権利がある。これは命令であり強制だ。選択肢はない」

 

子供会というのは小学校につきひとつではない。

だいたいは町内会単位で子供会があるような状況だ。

つまりひとつの小学校につき、子供会がいくつも存在している。

私の住む地域ではだいたい10近い子供会がある。

 

各地区の長10名が集まるのだ。

 

これがどういうことかおわかりだろうか。

 

各地区のじゃんけんトーナメント戦で負けた精鋭10名が集うということだ。

地域のキングオブアンラッキー10名が集うのである。

THE KING OF FIGHTERS XIV オリジナルサウンドトラック

 

(※イメージ)

 

各地区で最も運のなかった人間が一堂に会し、その中から最も運のない3人を地区全体をまとめる代表に仕立て上げるというトーナメント戦が更に行われるのである。

 

先日このトーナメント戦があり参加してきた。

 

私は正直自分は運が良いほうだと思っている。かなりラッキーな人間だ。

具体的にラッキーだと思うエピソードを述べてみようと思ったけれど浮かばなかったので書けないが、私はかなりラッキーな人間である。

 

だからきっと大丈夫。これ以上面倒な役割になるわけはない。

そう信じてトーナメント戦、キングオブアンラッキーファイターズ2017に参加してきた。

The King of Fighters XIII: Deluxe Edition (PS3) (輸入版 EU)

(※イメージ)

 

まずはじゃんけんをする。

じゃんけんで勝った人からくじを引いていく。

 

「当たり」を引いた人が2017年の地区全体の長となる。

 

私はじゃんけんに負けた。

10人近くいるのに、くじを引く順番は最後から2番目になった。

 

大丈夫、先にくじを引く人たちが「当たり」を引き当てるだろう。私のもとには白紙で残りカスのようなくじがまわってくるのみだろう。と楽観視をしていた。

 

予想していた通り、私が引いたくじには「副」の文字があった。

地区全体の長ではない。地区全体の副長だった。やはり私はラッキーだ。

去年の長は一番忙しい時期で月の半分会社を休んだと言っていたので、副長だったのはかなりラッキーであろうと思われる。

 

晴れてキングオブアンラッキーとして選ばれし長と副長がお通夜のような表情で4月からの各地区の子供会をまとめて学校や町内会とやりとりするだけの混沌を極めるお仕事について説明を受けている中、何者にも選ばれなかった人たちは安堵の表情で帰宅していった。

 

後日、他のママさん方から「地区の長が○○さんに決まったんだって!?あの人大丈夫!?ヤバいよあの人。今年大丈夫かな…」と言われて、私はキレそうになった。

 

じゃんけんで負けた者に面倒な役割を押し付けておいて、ヤバいとか大丈夫?とか、いい加減にしろと言いたかった。

(ちなみに長の○○さんは真面目でとてもいい人だ。何故そのように言われるのかはわからない)

 

役割が決まったからにはと一年間真面目にやるつもりはあるし、取り組んでいる。決してサボるつもりはないし、子供のためを思って行動をする。

しかし、じゃんけんで負けた挙句くじ引きでハズレを引き当てるようなキングオブアンラッキーに対して期待をしないでいただきたい。

 

もし、私の手から炎が出せたなら、あの時引いたくじを瞬時に燃やして灰とし「え、なんか枚数足りない?もう一回やり直そう」って言ったのになあ…

 

 

●関連記事

kaishaku01.hatenablog.com

 

kaishaku01.hatenablog.com

 

 

 

●ロードバイクやおいしいもののことはLINE BLOGで

lineblog.me

 

 ●単行本でました!

おつぼね! ! !

おつぼね! ! !

 

今日見たメガネ男子

f:id:kaishaku01:20170402142608p:plain

 

私はつり目に弱いです。

一重まぶたにつり目の塩顔にメガネは、ラーメンで言えば全部のせという感じかもしれません。

しゅっとした七三分けにこの全部のせの組み合わせの方を見かけました。

普段はモサモサした髪型に惹かれるのですが、しゅっとしているのも清潔感があふれて素敵だなと思います。

 

 

 

●ロードバイクやおいしいもののことはLINE BLOGで

lineblog.me

 

 ●単行本でました!

おつぼね! ! !

おつぼね! ! !

 

今日見たメガネ男子

f:id:kaishaku01:20170331233711p:plain

 

わたし、この、青いストライプのシャツを着ている人がすごく好きなんですよ。

首から社員証だとかセキュリティカードみたいなのぶら下げてコンビニとかやってくるサラリーマンメガネ男子。

私がドアを開けようとカードを取り出していると、後ろからそっとセキュリティカードを先にかざしてドアを開けてくれたら最高だなと思います。

 

うまく説明できないんですけどこういうシチュエーション。

f:id:kaishaku01:20170331234309p:plain

 

 

 

●ロードバイクやおいしいもののことはLINE BLOGで

lineblog.me

 

 ●単行本でました!

おつぼね! ! !

おつぼね! ! !

 

ググれないカス

色々あって一週間くらいならいっちょやってみっか!と思って短期のバイトをやっています。

お刺身にたんぽぽを乗せるバイトなんですが、繁忙期らしいので臨時ということで雇っていただきました。

繁忙期とのことでしたが、毎日お刺身を見ることもなくたんぽぽをにぎりしめてただぼーっとするだけの毎日です。主な仕事は眠気との戦い。8時間の永遠にも近い時間の戦い。

 

かつて「5億年ボタン」というお話が話題になりました。

5億年ボタンとは (ゴオクネンボタンとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

そのボタンを押すと5億年間何もない場所で生き続けなければいけない。でも5億年経つと元の場所に戻されて記憶も消されて100万円が手に入るというボタンです。

5億年はやばいくらいながいけれど、終わってしまえば記憶が消されるのでやばいくらい一瞬だと感じてしまい、こんなに簡単に100万円手に入るならとまたボタンを押してしまってやばいくらいながい5億年がはじまる…という恐ろしいような、あったら押してみたいようなそんなボタン。

私が今いる場所はそれと似ているけれど1週間でよかったのかもしれません。

 

私は下っ端の下っ端なアルバイトなのでどんなに暇でも仕事で必要なことを調べるためでもインターネットを使うことは許されません。メモ用紙1枚オフィスに持ち込むことすら許されない存在なのです。

ただただ上司の指示に従いお刺身にたんぽぽを乗せるだけで、それ以外の情報は得る必要のない存在。

 

そんな話を夫にしたところ、「ググれないカス」と言われてしまいました。

 

 

 

関係ないけどそんな感じでバイト先や通勤途中でメガネ男子と遭遇しても描く暇がないので過去に描いたhideをアップしたいと思います。

We Are Xを観てから、再びXのトリコとなりました。

 

出会った頃のhide

f:id:kaishaku01:20170324225441p:plain

 

最近のhide

f:id:kaishaku01:20170330223009p:plain

 

kaishaku01.hatenablog.com

 

 

●ロードバイクやおいしいもののことはLINE BLOGで

lineblog.me

 

 ●単行本でました!

おつぼね! ! !

おつぼね! ! !